肥満の方は生理不順にもなりやすい

本文の前になぜか最近気に入ったサイトの紹介します。
xn—-bgulf7j5b3551cj1vb30fi80a.com
xn--cckb4d2f0a3ms48t4ef2p4d3swa241a76a.com/
この2サイトの内容はなかなか面白かったです!!

生理不順の原因として挙げられるものにはいろいろありますが、肥満が原因の一つとなっている場合があることが分かっています。
肥満によって内臓脂肪の割合が増えると、インスリンがうまく働くなり糖分の代謝に異常を来すといわれています。
そうなると、糖尿病や高コレステロール症などの病気になりやすいほか、高血圧になり様々な生活習慣病のもとになります。
それだけでなく、インスリンの働きの低下から卵巣の機能が悪くなるという影響もあるのです。
このため、排卵の障害が起こり生理不順が引き起こされると考えられています。
この他に、皮下脂肪はそもそも女性ホルモンを吸収しやすいという特徴があるため、肥満状態で皮下脂肪が多い方の場合は女性ホルモンのバランスがもともと不安定であるという要因もあります。
これらの肥満からくる生理不順を改善していくには、規則正しい生活を心がけ適度な運動を取り入れていくことが大切です。
普段から自分の身体のコンディションを把握し、自分にとって最もふさわしい体重を知っておくことも重要でしょう。
生理不順の要因にはこの他にもいろいろありますので、生理不順が心配になった場合には早いうちに医療機関で診てもらい、生活習慣を見直していくのがよいでしょう。